クレバリーホームの坪単価と特徴

このサイトではクレバリーホームの様々情報を紹介しています。

 

 

これからクレバリーホームも検討されている方は参考にして下さい。

 

 

クレバリーホームの特徴

新昭和がフランチャイズとして全国展開しているクレバリーホーム。

 

新昭和はクレバリーホームの他に、注文住宅の「ウィザースホーム」などを展開されていることでも知られています。

 

ウィザースホームの施工エリアは限られていますが、人と環境に配慮した家造りをもとに省エネ住宅にも定評があります。

 

クレバリーホームは価格的にはローコスト住宅に分類されることが多いように思いますが、HPなどを参考にすると、単純に安さだけで勝負されているハウスメーカーというわけではなく、性能にもこだわった家づくりを実現されているということが分かると思います。

 

今回はそんなクレバリーホームの特長についてまとめてみました。

 

 

特長1:外壁タイルが標準仕様となっている!

 

クレバリーホームの最大の特長といえば、やはり外壁タイルが標準仕様で採用されていることではないかと思います。

 

もちろん、クレバリーホーム以外でも外壁タイルを採用することは可能となりますが、基本的にオプション扱いとされているメーカーが多く、別途200万円程度の費用が発生します。

 

クレバリーホームは外壁タイルを標準仕様とされているものの、坪単価としては大よそ45万〜60万円程度が相場となっており、金額を抑えつつタイル外壁を希望されている場合には、まず候補にあがるハウスメーカーではないかと思います。

 

その安さの背景には、タイルを自社生産していることがあげられます。

 

タイル張りの外壁の場合だと、外観をパッと見ただけでも高級感が感じられますし、土や石などを焼き固めてつくった自然素材の外壁材が使われているため、劣化や変色、変質なども起こりにくく、美しい外観をキープすることが可能とされています。

 

 

特長2:性能に優れている!

 

クレバリーホームの家は性能の面でも優れています。

 

耐震性能に関しては、地震に強いとされるプレミアム・ハイブリッド構法が採用されています。

 

プレミアムハイブリッド構法ですが、SPG構造とモノコック構造を組み合わせています。

 

SPG構造は、土台から軒まで貫く通し柱で1階と2階を強固に一体化し、揺れなどをスムーズに逃がします。

 

モノコック構造は、床、壁、天井の6面体で力を吸収して、建物のねじれや激しい揺れに抵抗し、この2つの構造を組み合わせることで、バランス良くエネルギーを受け止めることができ、より耐震性の高い家づくりが可能となりました。

 

また、気密性や断熱性に関しては、外壁に隙間なく断熱材が施されていますし、窓にはアルゴンガス入りLow-E複層ガラスが採用されており、より高い断熱性能や気密性能が実現できます。

 

高気密・高断熱仕様ということは、冷暖房費の削減にも繋がり家計にも優しい住まいでもあります。

 

 

いかがでしょうか。

 

クレバリーホームではコストカットを徹底的に行っており、坪単価の目安としては45万〜60万円程度とされています。

 

もちろん、選ぶ商品によっても坪単価は異なってきますが、クレバリーホームは外壁タイルを標準仕様とするなど、品質にもこだわった注文住宅を手がけているハウスメーカーです。

 

また、クレバリーホームの特長としてフランチャイズ展開を取っていることがあげられ、実際の対応は加盟店次第なところがあり、対応やアフターサービスなどにバラつきがみられるといったことも大きな特長としてあげられます。

 

クレバリーホームの全館空調

全館空調とは、天井や壁にダクトを張り巡らせ、ボタン一つで家中の室温を同一にできるシステムのことです。

 

換気や湿度を一定に保つことのできる機能もあり、梅雨時の嫌な湿気や冬の結露、あるいは乾燥やヒートショックを未然に防いだりといいことばかりの全館空調ですが、クレバリーホームにもこの全館空調システムがあるのか、調べてみましたが特にないようです。

 

クレバリーホームの親会社・新昭和の直営ブランド・ウィザースホームには「AIR VERY(エアヴェリー)」という全館空調・24時間計画換気システムがありますが、クレバリーホームには全館空調システムではなく、PM2.5全熱交換型24時間換気システムがありましたので、そちらを紹介します。

 

 

全熱交換型換気とは通常、換気を行うと室内の空気だけではなく、熱も一緒に屋外に排出されますが、熱交換は屋内の汚れた空気を排出する際に、屋外からの新鮮な空気に熱を受け渡して、室内に入るので、室内の温度はあまり変わることなく換気ができますので、冷暖房費の削減になり、電力消費量を約75%もカットします。

 

 

この換気を24時間運転するシステムを、クレバリーホームでは標準仕様になっています。さらに花粉やウィルス、PM2.5の黄砂やカビの胞子等を除去する高性能なフィルターを搭載しています。

 

 

また、高気密高断熱の機能が進む一方で、ホルムアルデヒド等のVOC(揮発性物質)が原因のシックハウス症候群が増加傾向にあります。他に家具の下地材やカーテンやじゅうたんにもVOCを含んでいるものもありますので、24時間換気は必ず常時運転することで対策になります。

 

クレバリーホームの耐震等級は?

クレバリーホームは地震などの災害に強い住まいづくりを追及しており、独自に開発した「プレミアム・ハイブリッド構法」は、20年先、30年先でも地震などの災害に強い家として注目を集めています。

 

 

耐震性に関しては、耐震等級というもので等級付けされており、耐震性能を表す耐震等級は1から3まであり、数字が大きくなるほど耐震性が強くなります。

 

 

ちなみにクレバリーホームでは耐震等級3にも対応が可能なようですね。

 

 

クレバリーホームの耐震に関する口コミを集めました^^

 

 

『クレバリーホームの展示場に行った際に、耐震等級1と言っていましたが、
東北の震災では、地震でも津波でも1件も倒れなかったとも言っていました。』

 

 

 

『同じ間取りで、他社では耐震等級3相当になるのに、
クレバリーホームでは1にしかならず、1、2階に壁を増やしてやっと3になるという状況でした。』

 

 

『耐震等級3程度の家を建ててもらえるものと思っていたので、契約直前までいきました。
契約前に知り合いの設計士に図面を見てもらった所、耐震等級は建築基準法ギリギリだと言われました…。
性能表示を受けたいと申し出ると、耐震等級2が取れないとの事で、
取る為には間取りをこの様に変えて欲しいと、今まで何度も打ち合わせた間取りを
多少変更した、変な所に壁が沢山ある図面を渡されました。』

 

 

 

『契約前にもらった図面の壁量計算をして、
結果、追加費用無しで耐震等級3相当にしてくれました。』

 

クレバリーホームの価格や坪単価

クレバリーホームはローコストで建てられる住宅メーカーの一つとなっています。

 

クレバリーホームの坪単価としては、40万円前後〜を目安にしておくといいようですが、クレバリーホームの価格に関する口コミを調べてみました^^

 

 

・クレバリーホームで新築を検討しています。
40坪、cxシリーズ、キッチン、トイレ、バスルームをグレードアップし、その他折り込み天井、間接照明など一階は特にこだわりました。
付帯工事込みで2700万円ちょいでした。(外構は含んでいません。)

 

 

・42坪、総タイルで本体価格2200万円、
外構やエアコン、カーテン、申請料などを含め総額で2500万円でした。
これでもオプションなども結構付けたほうです。

 

 

 

クレバリーホームはフランチャイズですので、価格は工務店によって若干異なることもあるようですが、全体的にリーズナブルに設定されています。

 

 

ただし、オプション費用はほとんど定価で施工されているため、オプションを入れていくと高くなることがあり、ローコスト住宅ではなくなってしまうこともあるようです^^;

 

 

参照サイト:クレバリーホームの坪単価

 

 

クレバリーホームの値引き事情と値引き交渉のポイント

 

 

ちなみにクレバリーホームでは値引きは行われているのでしょうか?

 

・まだ複数社と迷っていたら、今月中の契約なら少しの値引きとサービスしますと提案されました。

 

 

・値引きはできないと言われましたが、代わりに京セラの太陽光を付けないかと提案されました。

 

 

基本的に、クレバリーホームでは値引きはないと言われていますが、価格や値引きに関しては、その運営会社によって様々で、一切値引きに応じてくれないというわけではないようですね。

 

 

クレバリーホームで値引き交渉する際のポイントとして他のハウスメーカーと競合させると値引き交渉の際に有利だと言われています。

 

 

また見積もりは複数のハウスメーカーで出してもらい、見積もりを比較してみると非常に参考になりますよ^^

 

 

1社だけの見積もりでは営業マンの言いなりになってしまいますから、必ず複数のハウスメーカーで見積もりを出してもらって下さいね^^;

 

 

下記の「タウンライフ」では無料で、クレバリーホームやその他ハウスメーカーの費用総額表や間取りがもらえます。

 

 

各ハウスメーカーの間取りや価格が比較でるのでおススメの資料請求ですよ^^

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

クレバリーホームや他ハウスメーカーの費用総額や間取りプランがもらえます

 

page top